まだ、生きるよ。

毒親と過食と育児の日々。

生きた心地が欲しい

こんばんは。

気張って更新するとしんどくなるので、ぼちぼち気分で更新しよう。興味のあることなんかもつらつら書けたらいいな。



GWがあることを忘れていて次の診察が来週だったことをすっかり忘れてた。地味にしんどい。いつもだけれど、主治医の顔見ると、

ODしたいのを我慢して良かった

って思う。主治医は優しすぎて、迷惑かけたくないとか、いい患者でありたいとか、嫌われたくないとか、わたしは思ってしまう。

そんなの本当は考えなくていいはず。だけど、主治医が傷つくわけではないけれど、治療に協力してくれている以上は申し訳なくなる。医者の前でいい子になったって仕方ないのに。

ODしたり、暴れたり、暴言吐いたり、リスカをしたり、そういうことをしない自分を客観視出来る聡明な患者でいなくては。いい子でいなきゃ、きちんとしなきゃ、嫌われる

そんな感じの見捨てられ不安は消えない。嫌われたからってどうなるわけでもないけれど、そのときは衝動的な発作みたいにそんな感覚に襲われて逃げられなくなる。

だから何処に行っても誰といても疲れてしまう。こんなわたしが少しましになれるのはいつになるんだろう。




にほんブログ村

にほんブログ村