lunapiena

過食と散財と育児の日々。

実家の掃除

こんばんは。
実家の自室や私物を片付けに行かなければならなくなりました。これは実家を出る前に私がコツコツとやらなかったのがいけなかった。少なくとも20年近くの物がたまっている我が部屋。当時は一刻も早く実家を出ることが優先だったから実家の自室や私物はそのまま。本来ならこんなバタバタしないで済んだはずなのに、毒のせいです。持ち家、しかも今まで自分達が住んでいた戸建てを、誰かに貸したり売ったりする場合、もっと計画的に時間を設けるべきだと思う。いきなり、思いついたように「家を貸す」と言い出し、「貸せるかわからない」「リフォームするから戻ってこい」「全ての情報はあの家にあるから貸せない」などと意味不明に話が行ったり来たりする。意思が揺らぎ、振り回される方は迷惑なのだ。そんなことをされては今すぐに整理する気にもならない。
だが、私はこう考えることにした。どうなろうと実家には戻らない。戻らなくて済むようにするために片付けに戻る。片付かなければ、大事な物まで全て業者に捨てられる。それだけは嫌だから、必要なものはまとめて倉庫に入れてしまえばこっちのもの。今までは心のどこかで、自室が片付いていなければ家を貸せないだろうと思っていた。私はあの汚部屋には子連れで戻れないと確信しているから。汚いままである方が今の私には有利だと思っていた。確かに、現状では実家は生活スペースはなく暮らせない。ましてや幼児を連れてなど不可能。だけど、いざとなれば自分の思い通りにしかしない毒親。私の大事な物達は守れなくなる。守るために戻って整理整頓する。戻ると言っても、その日に彼と一緒に行って掃除をし、整理をして帰ってくるということを数日繰り返すだけのこと。だいじょうぶ、一人じゃない。一人で長時間過ごすわけではないのだから、だいじょうぶ、だいじょうぶ。わかってはいるけれど、過呼吸になり、不眠になる。つらい。