lunapiena

過食と散財と育児の日々。

霧雨が優しかった日

こんばんは。
何ででしょうね、死にたくなります。
しあわせなはずなんだけれどね。
母親という肩書きをもらえているのだから、そんなこと思ったら罰が当たるかな。

実親のことを考えただけで気持ち悪くなれる。ある意味すごい技術。何不自由なく、一人っ子で大事にされて育ててきてもらったはずなのに。どこで何が狂ってしまったのやら。どうすることが良いことで、悪いことなのか、もはやわからなくなる。人生もバランスなんだと思う。
何かが良すぎても、何かが悪すぎても、上手くはいかないんだろうな。
頭痛と吐き気が酷くて、バファリンを飲もうか、飲まないで乗り切ろうか悩んでる。薬を手にしたら止まらない自分を知ってるから、必要なときにすら手に出来ないつらさ。

貧困は世代間連鎖を生むと言われているけれど、毒親問題だって同じだと思う。
自分のことだけでも手一杯なのに、子どものことも考えなければならない。全てに余裕がない。早く楽になりたいな。