まだ、生きるよ。

過食と育児の日々。

不透明水彩

こんばんは。

彼のことを考えるのはやめた。
わたしが謝ることはどこにもないから。
LINEもカメラも切って電話は着信拒否。
どんなことをしてくれても、変化がない行動しない今が答え。
これを我慢する意味とか心理的負担とかわたしにはわからない。
5年も堪えてきているのに。

その代わり、昔の好きな人を思い出していた。
ブログを読みに帰ったらそこには懐かしさが溢れてました。
実らなかったけど柔く淡く儚くて苦い優しい時間だったな。

ちょっとのストレスで過食して、拒食になって、嘔吐して、首を絞めて、ODして、リスカしてる今のわたしを見たら何て言うんだろう。
もう二度と会えないけど、記憶の中で生きてる。

あともう少しだけ、あの頃に沈められていたい。

愛されてませんでした

f:id:lunapiena6lil:20180819035325j:plain

何から話そう、心が叫んでいるのにいざ書こうとすると上手く書けない。
さっき、スッスッと切った。
頓服の持ち合わせがないから切るしかない。
久々に切った、あんまり血が出ない。
死にたいなぁ、死にたい。
切っても死ねないけど、少しは落ち着く。
この痛みが安心するんだ、心が磨り減って疲れた。

わたし、何のために生まれてきて今生きてんだろ。
7年も無駄に生きちゃった。
誰かのために自己犠牲、我慢をする生き方はもう疲れた。
大事で大切で、愛しいから精一杯尽くすのにね。

みんなみんなわたしなら何してもいいって思っていたんだろうね。
わたしなら堪えてくれるし、口を割らないし、我慢してくれるだろうって。
彼もわたしをいじめていた子達と何ら変わらないってこと。

彼は違うと言うけれど、わたしからしたらお前も同じだよ。
嘘つかれて、騙されてたに近い。
生きてるの疲れたな~しにたいな~しにたいな~。
やっぱりお金しか信じられない。
ぞんざいに扱われてるな気持ちを。

7年の内、5年は恋愛をしてきたわけだけど結局死んだ方がしあわせだったかもしれない。
早く首吊って死にたい。

no title

こんばんは。

つらい、しにたい、きえたい。過食も結局治らない。
いつまで苦しまなきゃならないのだろう。
昔よりはずっとしあわせなはずなのに。

以前は毎日切ったりしていた。
それが落ち着いて段々回数も減ったけどまた切りたい。
切るのを我慢したのは、子どものためでも何でもなくてウェディングドレスのため。

こんな真夜中にコンビニまで自転車を走らせて、大量に買って泣きながら食べなきゃいけない苦しみ。
同じ病気を持つものにしかわからない。
誰にもわかられてたまるか!

灼熱地獄が快楽に変わるとき

こんばんは。
眠れない。どんなにお薬を飲んでもお昼間もなるべく歩いて動いているのに眠くない。なかなかつらいものです。



やりたいことが時間内に終わらない要領の悪さ。最低限の家事と育児、それから自分の時間。昔からタイムスケジュールは全て母の役割だったから自分で管理することが大の苦手。そこに気分の波もあるもので、一人でぶつぶつ言いながら、

とにかく出来るだけやる!

の精神。
お昼間には何もやる気がしなくてね。夜は生きやすいよ、ほんと。

出産する前は色々あるけど何だかんだで自分の時間があった。でも産んだ瞬間から変えさせられる。わかってはいたけど帝王切開直後にはキツすぎた。まだ開腹しててこれから閉じるってときに、

「赤ちゃんですよ~」

なんて見せられてもわけわかんないって。
とにかく、時間配分が下手なせいで生活回らないよ~っていうお話。



大金払って23kg買ったなんて本当に馬鹿々しい。今度はまた大金払って23kg減らそうとしていて、昔みたいに上手くいかなくて燻っている。こんなふうに体重に幅があると容姿にも幅があるわけで。

わたしはコミュ力も乏しい上に、基本会話があまり好きじゃない。
いい子ちゃん、お嬢ちゃんになるように躾けられてきたから、苦手なりにやってみてはきた。だから自分はないなりにコミュニケーションの幅があるとは思う、八方美人というか。
そんな振る舞いの幅をわざわざ容姿でまで現してると思ったら嗤えてきた。

今年の夏は全国的に酷暑ですね。わたしはそんな暑さの中を歩けるだけ歩いて、お洋服は上下透けて、まるでサウナに入っている並みの汗かきっぷり。たぶん、会ったら引かれると思うwww

今のまま女の子を産めても、しあわせではないな。女の子ママになるためにはせめて、40kgにせねば。でぶママなんて、母娘共に惨めだから酷暑に負けないでがんばる。

歩いてると汗かきっぷりと空腹で体が震えてくる、宙に浮きそうな感覚がやって来てそれが病みつきになってやめられなくなる。カショオと似たようなものかな。



今日は、ヘルパーさんが来るからもう横になろう。おやすみなさい。

太陽は世間の目

こんばんは。

また日にちが空いてしまった。ごめんなさい。何が悪いのか、ブログがしっくり来ない。恐らく、毎日続けていないせいだと思う。ランキングは外そうと思います。



最近のわたしはと言うと、躁転した後、Maxとは行かないまでも徐々に下降し躁鬱混合からまた躁になりかかったりな感じを行ったり来たり…。
正直なところ、リーマス錠にかなり助けられている。お薬はすごいんです!



妊娠が発覚してから出産まではドタバタ、生まれてからは死なないように生命と人間関係の維持。毎日お世話をすることが最優先で、教育なんて頭の隅に追いやってました。

でもそんな子どもも少し人間らしくなってきた。公立の保育園に入れて約一年。子どもの性格なのだろうか、社会性は磨きがかかった。言葉も少しは出るようになり、運動能力も動作も出来ることが増えた。保育園に感謝している部分もあるけれど、やはり入園式の日に抱えた違和感は拭いきれないものがある。

世の中のお母様方は早期英才教育だとかプレだとか口々に言っている。わたしの父まで子に早期英才教育をさせようとしている。

させようとしていることを知っていたからわたしは敢えて今まで何もしてこなかった。父の言うことを聞いているような気もするし、わたしで失敗したのを取り返そうとしているのが見え見えだからだ。

子を犠牲にはしたくない

結局、プレには行かせませんでした。あまり言葉も出ない、わたしの調子も悪いじゃ何も始まらないから。

実親から子を守りつつ、わたしと彼の家族で何が出来るんだろう。力不足なのが現実です。
少なくとも、いつかは教育に関しては金銭的援助を受けざるを得ないのかもしれないと思うと、毒親を断ち切るのは無謀なのかもしれないとか思ってしまった。



ひとまず、一年以上の過食で63kgになってしまったわたしは着られるお洋服が手元に数えるほどしかないので毎日必死に運動してます。
昔みたいに自分のことだけに時間が使えないから集中仕切れなくてモヤモヤするけれど、とにかく出来ることをやる!

最寄り駅から自宅を往復したり、食事制限や時間を決めたり、半身浴とリンパマッサージ、睡眠を第一優先など、一気には痩せられないけどせめて体型くらいは普通には戻れるように。