まだ、生きるよ。

毒親と過食と育児の日々。

カラフルeveryday

こんにちは。

ご無沙汰になってしまいました。
何をしていたのかはまだ言えないけれど、いずれお話し出来たらな、と。



さてさて、躁転した。まだMaxではないけど。家事に育児に事務にデュアルコア以上の動きっぷり。

睡眠は一日3時間程度。拒食の症状が強まったり。散財、キレやすく怒りっぽい、怒鳴り込み、みんな馬鹿に感じる、多弁、潔癖さに拍車がかかる、何事にも積極的でフットワークがめちゃくちゃ軽くなる、思考や行動が止まらない、多幸感、高揚感が半端ない、服薬管理が出来ない、通院放棄気味。ブログをやっていることも忘れて、痩せるために歩いて運動、食事管理、家事をこなすために動いて、育児をきっちりやる。

躁Maxになると一点一気集中が出来るけど、それまでは集中力も続かずに、注意力散漫になる。



ひとまずそんな感じの日々。
今やるべき事務を終わらせたら、発達障害の心理検査をするつもり。子どもも発達障害の疑いがあったり、わたしもアスペルガーの疑いが強いと言われたっきり、頓挫してしまってしたから。

手帳と自立支援の更新は無事終わった。写真はデブちんだけどww

そんなこんで、躁テンション!!




にほんブログ村

にほんブログ村

リスカ画像について

こんばんは。

連投になっちゃった。まぁいいか、自分の隠れ家なんだし。



ずっと、悩んでました。

リスカ画像を載せるのか、載せないのか

新しい場所で心機一転するつもりで載せて来なかった。

リスカは伝染する

と言われているから気が引けていたのも事実。わたしは、

此処では正直でいたい

切ったら切ったと書くし、我慢出来たら我慢出来たと書く。昔より頻度は物凄く減った。だからこそ切ったときには切ったと嘘偽りなくいたい。

ネットと現実、今のわたしにとっては同じくらいリアルなものに感じる。だからネットにもリアルを残そうと決めた。等身大の自分を曝け出す。

リスカ画像は載せます

但し、閲覧は自己責任でお願いします。



さっき、切ってしまった。フラッシュバックに堪えられなかった。まだまだ未熟者です。




にほんブログ村

にほんブログ村

庇ったのは、思い出。

こんばんは。

なんか、記事が消えたww書く気が失せたわ。



書類の提出のために色々作業をしているけど、フラッシュバックがひどい。子どもの頃に経験したことや感じたことを、無意識のうちに消そうとしてたのか。

今、抉じ開けて、うろ覚えだけど甦らせようてしている。つらい。リスカしてしまいそう。一つずつ記憶の箱を開けていく途方もない作業。

父と母がいてわたしがいたはずなのに、ひとりっ子で過保護で過干渉だったのに、わたしの居場所はなかった。

母は確かにいつもわたしのパトロンでいてくれたけど、半分は父に怯えて遠慮していただろう。父や母の目に映るわたしはわたしではなかったのだろう。

そう思ったら、いきなりこの世でひとりぼっちにされた気分になった。わたしを愛してくれたわけではなかったのかもしれない。かなしいね。
ちぃちゃんの曲に抱かれて眠りたい。死にたくはならないけど、かなしい夜。




にほんブログ村

にほんブログ村

デブは着る服がない

こんばんは。

欲しい雑誌も我慢して極貧で堪えてます。ただただ金欠中wwお金が入るまで我慢。



昨夜はハイになりすぎて思い立ったら既に行動してた。

更衣\(^o^)/

洋服の卸し問屋並みにお洋服がある。全部ひっくり返して出してみたら服に埋もれたww

過食になったり拒食になったりで体重の幅が38kgと63kgを行ったり来たり。サイズはXSからLLまであるw挙げ句、今のわたしが着れる服は僅かだから買い足さねば。

ほぼ寝ずにオールでやって、今日一日中作業して、寝具やら含めて冬物以外は終わった。わたしの分はw。

そう、子どもと彼の分を忘れてた()

あと一日、二日、かかりそう…。早く痩せたい。来年の今頃には何でも着れていますように。その前に早くこのハイな状態が落ち着きます良うに。




にほんブログ村

にほんブログ村

思い出は足枷

こんばんは。

今朝、亡き母の夢を見た。普段、母の夢はほぼ見ないのに。父に対する警告などを伝えていた。わたしにも、

彼と地に足をつけて人生を歩む覚悟をしてね

という意味もあるのかもしれない。
それからもう一つ不思議な夢を見た。

はじめはアパートのような区切られた入り口なのに縁側のように繋がっていて、中に入ると大広間で自分一人に与えられているスペースは僅か。

女子刑務所の部屋のようになっていて、みんな同じ作業着を着て各々の家庭が自炊をしている。雑魚寝をしている中年男性に若い新婚夫婦、シングルマザーが友達同士の集まったりしていた。

わたしは何故かそのシングルマザーが作ってくれたオムライスを子どもと頂いた。夢の中だけど美味しかったのを覚えている。

お皿は外の水道で洗わなきゃいけなくて近くには刑務官らしきショートヘアーの女性が椅子に座って見張りをしていた。

猫をバレないように飼う方法を考えながらまだ20時くらいで、眠りにつけない時間で色んな部屋を子どもと探検しようとしてた。

夢占いがすごく当たるからやろうかなぁ。



時々、決意が揺らぐことがある。

子どもを実父に会わせない

そう決めて動いているのに、実父にも子どもにも良くない影響があるかなと。

わたしは父方の祖父には一度だけ死に際に会わせてもらったことがある。母方の祖父母と父方の祖母は生まれる前に他界している。

父と祖父の間にも確執があったのだろう。わたしは死に際まで合わせてもらえなかった。今も不満がある。

おじいちゃんともっと会いたかった

わたしが実父と関わるたびに精神的に乱されて、それを一緒に暮らす子どもが見たり、感じたり、影響があるよりはマシなんだろうか。

実父とのことも悪いことばかりではなかった。振り切るチャンス。
これからの人生も支配されるか、支配されないように生きるか、精神的にもっとすり減らして疲弊してもっと病む道を選びたくはない。

言っても仕方がないから綴って消化や昇華していくしかない。

緊張もする、気も遣う、基本的にママといるよりもかなりストレス。でも可愛がって過保護で極度の心配性だけどわたしを愛してくれるパパが好きだった。

すごく小さい頃みたいに、生きているだけでいいって、そんなふうに無条件でわたしを愛して欲しかった。




にほんブログ村

にほんブログ村